俺の目は節穴

そのほうがいいこともある・・・

男性のうつ病は仕事に影響します

2016-07-08_173112

私の兄の体験談です。

兄は約10年前に段々と仕事に行く事が出来なくなってきました。電車に乗ると動悸がしたり気分が悪くなっていったようです。そのうち起きれなくなり、私達家族も変だと思い心療内科を勧めてみました。そうしたら、うつ病と診断され休職を勧められ2か月くらい静かに過ごしていました。

その後、仕事に復帰しましたがプライベートでショックな事が起こった事が引き金で、またうつ病が再発し休職をする事になりました。何度かその繰り返しなため、職場での昇進など無関係な立場となったようですが、クビなどは無い職種なのがまだ救いでした。でも、その後もうつ病が悪化してしまったり、薬の飲み合わせが悪く副作用で体調が悪化し、手の震えや落ち着きが無くなったり本人もどうにもならなくなり、家族で話し合い入院をして、薬の整理をして体調を改善して欲しいと病院側に頼み込みました。

精神専門病院だったため、面会や持ち物の差し入れは厳しかったけれど、本人が徐々に気持ちが安らいでいく姿は日に日に分かった気がします。最初は顔に表情がなかったけど、週末には一時帰宅も許されるようになり大好きな愛犬と触れ合う時の表情もとても良くなってきました。

そして3か月の入院生活を終え帰宅する事になりましたが、本人も不安だし家族も不安の中でした。でも、その後にフォローしてくれた医師との相性がとても良かったらしく、少しずつ普通の生活に慣れてきてそれから約半年後に社会復帰をする事ができました。

最初は職場も気を使ってくれてあまり精神的に負担が少ないようにしてくれましたが、復帰して2年の今年の春から職場内の移動があり、今かなり大変そうです。

男性はうつ病になると簡単に仕事を辞める事が出来ないし、職場内でも良い位置には昇進できないデメリットがあるので、うつ病は難しい病気だと感じています。

うつ病にも効果あり⇒マインドガード口コミ


Leave a Reply

Your email address will not be published.