俺の目は節穴

そのほうがいいこともある・・・

男性の更年期障害は徐々に進行するので判断しにくい

2016-07-20_100449

男性と女性とでは、加齢が進むにつれて起こる更年期障害の症状は同じでも起こる時期が異なります。女性は40代以上にもなってきて、閉経を迎えると、徐々に更年期障害の障害が顕著に出てきます。女性本人もその症状に気付くので治療や対処も出来ます。しかしながら、男性の更年期障害は、女性とは異なり、症状が継続して出なかったり、進行度がとても遅いので、なかなか自分でも気づかないし、周りも気付かないです。

事実、周りの男性に更年期障害で困っていると直接聞くことは少ないと言えます。男性本人に症状が出ていても、それが更年期障害だと気付かないし、思えないからです。

女性と同様に、男性も加齢と共にホルモンバランスが若い頃と違い変化してきますから、必ず何かしらの症状が出てるはずです。凄く疲れやすいとか、凄く怒りっぽくなったなど、肉体的な症状と精神的な症状があります。放置していると、仕事でもプライベートでも悪影響が出ますから、男性の自分でも更年期障害が出る可能性があると認識しておく必要があります。

男性にも更年期障害があると知っていても、自分との関連性を低く感じてる人が多いです。会社でも個人でも定期健康診断で、アンケート・医師との問診などで日常の些細な出来事を伝えるように心掛けるべきです。日常的に体調不良がどのように起こっているのかを記録として残しておけば医師も診断がし易いです。

男性の更年期障害は、男性更年期障害の正式な名称は、「加齢男性性腺機能低下症候群」(late-onset hypogonadism:LOH症候群)と言われます。男性ホルモン(テストステロン)が減ります。症状としては、女性と同じで発汗やほてりがあったり、男性の生殖器の減退も起こります。ED(勃起不全)は、ご存知のとおり代表的な症状でしょう。医薬品に頼らずに、勃起不全 サプリで回復したという例も見られます。

仕事をしてると多少の疲れや、やる気が出ないなどは問題ないと思うかもしれないですが、それは更年期障害かもしれないです。


子どもの風邪 内科・小児科・耳鼻咽喉科 どの診療科を受診すべきか

2016-07-15_200315

子どもが風邪をひいてしまった場合には、内科と小児科と耳鼻咽喉科のどの診療科の医療機関に行くべきかとなると、中には内科と小児科は殆ど同じだからどちらでも良いのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、やはり小児専門医というのは多くの子どもを診察しているので、その時の子どもならではの流行している病気などにも敏感ですし、特にまだ小さいお子さんの場合には子どもの将来的な事も考えての治療方針も検討していますので小児科の方が良いと言えます。内科医にも小児を多数診ている医師もいますが、全体的に見てという判断で今回は小児科と耳鼻咽喉科の2つの診療科で考えていこうと思います。

小児科を受診しても、耳鼻咽喉科を受診しても基本的には同じような症状であれば、同じような効き目の薬が処方されますし、どちらが良いかというのは判断が難しいと言えますが、最終的には保護者や子ども本人の好みもあるのでしょうが、それでは何も進展していないのでいくつかの角度からみてみます。

症状の面から言うと、基本的にはどちらの診療科でも対応はしていますが、やはり症状によっての得意分野があります。風邪の基本的な症状である、鼻や喉の症状に関しては基本的にどちらも大丈夫ですが、耳鼻咽喉科の方が良いのかもしれません。次に子どもの風邪に多い、中耳炎などの耳の痛みに関しては、耳鼻咽喉科でしか治療ができません。一方で嘔吐や下痢や腹痛などの消化器の症状も子どもにはとても多いのですが、これは小児科の得意分野だと言えると思います。

次に症状以外の面で見ると、どちらの診療科でも言えますが、患者さんの集中する時間帯や季節は待ち時間が長くなるので子供にとっては厳しいです。最近は予約制の医療機関も多く、パソコンや携帯電話などで予約が取れるようになっていますが、時期によっては朝から既に予約はいっぱいで診察時間は夕方以降などという事も多いのが本音です。これは小児科でも耳鼻咽喉科でもあり得る事なので、診療科目の問題というよりも、医療機関そのものの数やどうしても集中してしまう医療機関もあるのでしょうから何とも難しい問題です。どちらにしてお予約制の方がずっと待合室で待たされるという事は防げるので少しは良いとは思います。

やはり、最終的な判断は保護者や子ども本人と医師やスタッフとの相性のようなものもあるので、診療科目の問題というよりも、医師や看護師の対応で決まってしまう事も充分にあり得ると言えます。治療方針でも積極的に治療を考えて薬を選択する医師もいれば、比較的対症療法が中心の守りの治療方針の医師もいます。どちらも正しい選択だと思いますし、診療科目に関しても小児科でも耳鼻咽喉科でも基本的には問題はないと思います。

最終的な結論としては、保護者と子どもにとって信用のできる医師を探す事がポイントになるのかと言えます。それが小児科になるのか耳鼻咽喉科になるのかは、保護者と子どもと医師とスタッフとの様々な要因があるので答えは出ませんが、子どもが安心して受診できる医療機関であることが一番になります。


男性特有の病気 前立腺肥大症について

男性特有の病気として有名なものに「前立腺肥大症」があります。前立腺肥大症は加齢とともに頻度が高くなり、30代からはじまり50歳で30%・60歳で60%・70歳では80%の方にみられます。しかし、前立腺肥大症は全ての方が治療を必要とする訳ではなく、排尿障害などを伴い治療を必要とする人の頻度は総数の1/4とされています。

前立腺肥大症の主な症状は排尿症状・蓄尿症状・排尿後症状に分けられます。

1・排尿症状
排尿症状の主なものに「排尿困難」があり、尿の勢いが弱い・尿が出るまで時間が掛かる・尿が分かれて出てくる・力まないと尿が出ないなどがあります。

2・蓄尿障害
前立腺肥大症では多くの方で「頻尿」がみられます。その他にも急に我慢できないような強い尿意が起きる「尿意切迫感」、尿意切迫感があり頻尿も伴う「過活動膀胱」などがあります。

3・排尿後症状
排尿後症状とは排尿後もスッキリしない「残尿感」や、尿が終わったと思い下着を着けるが尿が少しずつ漏れる「排尿後尿滴下」などがあります。

 

前立腺肥大症の検査方法

前立腺肥大症は泌尿器科を受診することになりますが、様々な検査を受けることになります。その中でも確実に行う検査には1・世界共通のスコアを用いた自覚症状の評価、2・前立腺の形や硬さ・痛みの有無を調べる直腸内指診、3・尿検査、4・尿の勢いや排尿量等を調べる尿流測定、5・排尿後に膀胱内に残った尿の量を調べる残尿測定、6・前立腺癌の有無を調べる血清PSA測定、7・前立腺の大きさを計測する超音波検査があります。

 

前立腺肥大症の治療法

検査によって前立腺肥大症と診断されると治療が開始されます。主な治療法には保存治療・薬物治療・手術治療があり、症状や合併症の無い前立腺肥大症は治療の必要がなく定期的な経過観察を行います。保存治療は薬物治療が必要無い患者で生活習慣の改善によって症状の緩和を行います。薬物治療では前立肥大による尿の通過障害を和らげる薬剤が使われますが、前立腺平滑筋の弛緩させることで尿道の圧迫を抑える薬剤と、前立腺を小さくして尿道の物理的な圧迫を抑える薬剤の2種類があります。そして、薬物治療では十分な効果が得られない場合や、尿路感染症や腎機能障害が発生している場合には手術での治療が行われます。”


男性のうつ病は仕事に影響します

2016-07-08_173112

私の兄の体験談です。

兄は約10年前に段々と仕事に行く事が出来なくなってきました。電車に乗ると動悸がしたり気分が悪くなっていったようです。そのうち起きれなくなり、私達家族も変だと思い心療内科を勧めてみました。そうしたら、うつ病と診断され休職を勧められ2か月くらい静かに過ごしていました。

その後、仕事に復帰しましたがプライベートでショックな事が起こった事が引き金で、またうつ病が再発し休職をする事になりました。何度かその繰り返しなため、職場での昇進など無関係な立場となったようですが、クビなどは無い職種なのがまだ救いでした。でも、その後もうつ病が悪化してしまったり、薬の飲み合わせが悪く副作用で体調が悪化し、手の震えや落ち着きが無くなったり本人もどうにもならなくなり、家族で話し合い入院をして、薬の整理をして体調を改善して欲しいと病院側に頼み込みました。

精神専門病院だったため、面会や持ち物の差し入れは厳しかったけれど、本人が徐々に気持ちが安らいでいく姿は日に日に分かった気がします。最初は顔に表情がなかったけど、週末には一時帰宅も許されるようになり大好きな愛犬と触れ合う時の表情もとても良くなってきました。

そして3か月の入院生活を終え帰宅する事になりましたが、本人も不安だし家族も不安の中でした。でも、その後にフォローしてくれた医師との相性がとても良かったらしく、少しずつ普通の生活に慣れてきてそれから約半年後に社会復帰をする事ができました。

最初は職場も気を使ってくれてあまり精神的に負担が少ないようにしてくれましたが、復帰して2年の今年の春から職場内の移動があり、今かなり大変そうです。

男性はうつ病になると簡単に仕事を辞める事が出来ないし、職場内でも良い位置には昇進できないデメリットがあるので、うつ病は難しい病気だと感じています。


彼女との関係の悩み【勃起不全】

彼女と付き合いだして半年がたち1つの悩みがあります。それは、彼女が男女の関係は行為は当たり前のような考えを持っていることなのです。私は月1かそれ以下が理想なのですが、多い時には週に3~4回位求められます。

まだ20代なのですが、もう体が持たなくて精力ももう限界です。勃起不全で悩んでいるのです。

そこで精力のつく食べ物か何かを食べて少しでも補おうと調べてみると、どうやら亜鉛とかミネラルが良いと書いてあったので試してみることにしました。とはいってもどうしたら亜鉛やミネラルを取れるのかと探していた所、偶然100円均一に亜鉛のサプリメントが置いてあり、これは試してみるしかないと思い2袋ほど買い袋に書いてある適量を毎日試してみようと思ったのです。

2016-06-27_180643

始めてからの1ヶ月位はあんまり変わらないと思っていたのですが、毎日飲み続けること2ヶ月目位から私から彼女に求める事が少しづつ増えるようになりました。行為が終わった次の日とか体がだるくなってしまっていたのですが今はあまりそういう事は感じなくなったと思います。

彼女も男はそうでなくてはと言ってくれているので私としては満足な結果だったと思います。